terminal

projects

AIG

overview

ANDO Imagineering Group/AIG’s corporate website renewal project.
Design in architecture is classified into three fields: architectural design, structural design, and facility design. ANDO Imagineering Group/AIG is a design firm that primarily focuses on structural design. Our goal in creating the website was to communicate “structural design” and provide an experience around it.
terminal Inc. worked with TRICLE LLC. on the concept, corporate website and graphic design.

ANDO Imagineering Group/AIGのコーポレートサイトリニューアルプロジェクト。
建築における設計は、「意匠設計」「構造設計」「設備設計」の3つの分野に分類されます。
ANDO Imagineering Group/AIGは、主に構造設計を主軸にした設計事務所です。
ウェブサイトで「構造設計」を伝え、体験してもらうことを目指しました。
terminal Inc.では、TRICLE LLC.と協働し、コンセプトメイキング、コーポレートサイトやグラフィックデザインを担当しました。

goal

– Concept making
– Web design 
– Graphic design for business tools
– Sooting management

- コンセプト開発
- ウェブデザイン
- ビジネスツールなどのグラフィックデザイン
- 撮影マネジメント

idea

A Website to Experience “Structure”
”Structure” is always hidden behind buildings.
The point of the website lies in how effective we present the “structure”, without beating around the bush, in an effort for users to experience “structure” as naturally as possible.
In a conversation with Mr. Ando, the representative of the company, he said, “When you hear the word ‘structure,’ it sounds complicated, but actually it is made up of a combination of the simpliest of shapes. The question is how to put them together, which may seem obvious. Architecture,
structure, music, and graphics are all the same.” Taking a hint from this conversation, we created a design using simple ◯△□, also the initials of the company name, expressed through quantitative physics to provide a clear sense of structure.

Additionally, the design allows for intuitive understanding of the concept by overlapping photographs of completed building with initial modelings and by displaying the graphics triggered by scroll. The design motif is a tribute to Swiss design, the 1950’s era structuralist Pier Luigi Nervi was active, for whom Mr. Ando voiced his respect. Hence our aimed for a highly universal design with functional beauty.

構造を体験できるウェブサイト
「構造」は、いつも建物の裏側に隠れている。
構造をいかに表現し、体験してもらうかをテーマとしたが、小難しく説明するのではなく、閲覧しながら自然に構造らしさを感じさせたい。
代表の安藤さんとの会話の中で、「構造と聞くと小難しいものと感じるけれど、最小の図形の組み合わせで成り立っている。問われるのは、どう組み合わせるか次第で、それはごく当たり前だが、建築も構造も音楽もグラフィックも同じである。」という話からヒントを得て、構造を端的に感じてもらうため、社名の頭文字でもあり最小図形である◯△□のグラフィックを物理演算で表現したデザインを作りました。
そして、竣工写真と、模型写真を重ねたヴィジュアルによって、触って構造の裏側をわかりやすく感覚的に理解できるようにデザインし、構造体をモチーフにしたグラフィックがスクロールアニメーションによって現れるギミックを施した。
また、デザインモチーフとして、代表の安藤さんがリスペクトしているとおっしゃった、1950年代頃に活躍した構造家のピエール・ルイージ・ネルヴィと同じ時代のスイススタイルデザインをオマージュし、機能美を携えた普遍性の高いデザインを目指した。

team

art director : yoshio nakada , terminal Inc.
designer:chihiro wakai / yuki shikaze , terminal Inc.
producer : yusuke omura , TRICLE.LLC
web developer : takuya nakajima
photographer : seiichi saito

executions