terminal

projects

Kawazen Leather

overview

The rebranding of Kawazen Leather co.,ltd. the old company established in 1959. When Yoshihiro Kawakita took over the company, he was looking for a partner to promote rebranding. He reached us from a mutual friend and project has started. Mr.Kawakita has a keen awareness of the problem from his own experience and has a will to change the Japanese leather industry. To promote the project, terminal Inc. has inputted a mass information about leather manufacturing process and industy structure as a partner that realize his vision.

1959創業の老舗 株式会社川善商店のリブランディング。先代の経営者から、川北芳弘氏に代がわりし、川北氏がリブランディングを進めるためのパートナーを探している際に、共通の知人からの紹介を受けプロジェクトが発足。
川北氏は、自身のこれまでの経験から日本の皮革業界に課題意識を持っており、日本の皮革業界を変革するという志を持っていた。
terminal Inc.では、革の製造工程から業界構造に至るまでの膨大なインプットをうけ、川北氏の掲げるビジョンを具現化するためのパートナーとしてプロジェクトを進めている。

goal

- CI / VI renewal
- website renewal
- all sorts of renewal : business card, sample book, binder…etc
- owned media building, and development
- shooting direction

- CI / VIのリニューアル
- webサイトのリニューアル
- 各種ツールリニューアル(名刺、見本帳、バインダー等)
- オウンドメディアの設計、開発
- 撮影ディレクション

idea

Leather industry still has strong sence of craftsman’s spirit. However for Kawazen Leather’s image, we removed accidental factor as possible and designed based on providence due to their philosophy “logically face the leather thoroughly”. Logo theme is “leather x family crest” and we designed by fitting leather into japanese crest shape. Showing that it is japanse company and symbolizing the leather itself, we designed it to be used world wide. We designed each element size and distance thoroughly by providence using golden ratio. Visual image is showing sincerity and refinement of the company. From the image of leather, we selected copper for the key color. For sub color, from the image of natural substances we selected 3 colors, navy : water / dark green : grass / dark brown: soil. Alike layout, we used golden ratio logic for every arrangement size and led to inorganic image. And in contrast, we put the unbalanced leather motif in each spot signifying the organic image. From these idea we’ve established Kawazen Leather’s original identity. —- This project is ongoing. We constantly consulting with management and keep on challenging.

革は、職人の手仕事感が根強い業界。しかし、徹底的に論理的に革に向き合うKawazen Leatherの理念、姿勢、業態を鑑み、イメージにおいては、あえて偶発的なことを極力排除し、摂理に基づいたデザインを目指した。
ロゴマークは、革×家紋をテーマとし、象徴である革を、日本固有の紋章をイメージし作成。日本企業であること、革そのものをシンボライズすることで、世界的に通用するマークに仕上た。各エレメントのサイズ・距離感は、黄金比を用い徹底的に摂理を追求し、視覚的な印象としても、企業の真摯さ洗練さを伝えている。
キーカラーには、革の色をイメージしたカッパーを採用。サブカラーに、天然物のイメージである、紺:水 / 深緑:草 / こげ茶:土 の3色を採用している。
レイアウト同様に黄金比を用い、全ての配置サイズにロジックをもたせ、無機に向かう。そこに、革という有機性を鑑み、革をモチーフとしたアンバランスな形状を要所に加えることをKawazen Leatherならではのアイデンティティーとして成立させた。

現在もプロジェクトは進行中である。経営と寄り添い対話を重ね、挑戦を続けている。

team

creative direction: yoshihiro kawakita, Kawazen Leather
art direction: yoshio nakada, terminal Inc.
planning: kiyoshi ishii, terminal Inc.
design: chihiro wakai, atsushi tsuburaoka, terminal Inc.
project management: yasuko isochi, terminal Inc.
photography: seiichi saito
web development: takuya nakajima

executions

wedesignyourway