terminal

projects

Wacoal Date. 19AW-20SS

overview

Series of brand designing for “Date” non wire line of Wacoal since 2018. terminal inc. continuously worked on art direction of all touch points for “date” such as key visual, all store tools, and web site.

前年から引き続きワコールのノンワイヤーブランド”Date.”のブランディングデザイン。ワコールは長年女性の体と向き合ってきた老舗下着メーカーである。近年はノンワイヤー市場が伸び、UNIQLOをはじめとするアパレル企業が参入し競争が激化していた。そんな中、前年は平野ノラさんを起用したキャペーンが成功し、次の展開を画策していた。
terminal Inc.では、引き続きキービジュアル、店頭で使われるツールの全て、WEBサイトなど、”Date.”の全てのタッチポイントにおいてアートディレクションを担当した。
メイン商品と設定された”シンクロブラ”は、ユーザーからのアンケートなどによって、ノンワイヤーのブラジャーは、腕を伸ばしたり、体を捻ったりする際に、フィットしないという声に応える形で生まれた商品。
“シンクロブラ”をいかにして世の中に届けるか。また、実際の売り場での顧客体験をどうデザインするか。というミッションをクリアすべく、東急エージェンシー・TOMOのクリエイティブディレクター、渡辺氏のチームと協動した。

goal

- total art direction based on the plan
- key visual development
- product logo type development, brand color setting
- shooting direction
- website design

- 企画を踏まえた全体のアートディレクション
- キーヴィジュアルの開発
- プロダクトのロゴタイプ開発、ブランドカラーの設定
- 店頭ツールのグラフィックデザイン
- 撮影ディレクション
- WEBサイトのデザイン

idea

For larger scale topicalization, the promotion was planned and based on the tagline “non wire to enjoy being yourself” the brand message was sent saying not depending on the appealance, a woman who enjoy her life positively is beautiful and we want to support those kind of women. Saori Yoshida was appointed. After her retirement, she is challenging many things such as trainer, personality, and TV talent and expanding her own possibility. That positive attitude was clearly matching Date’s “enjoying being yourself” image. “Ms.Saori Yoshida is challenging underwear model” this itself is a big news but we wanted to show her new challenge in a best way. And we thought to show that she herself is enjoying this new challenge is going to promote the message strongly. For shooting, we asigned the famous photographer Mr.Kazuki Shimomura. We explained the brand theory in advance to adjust the shooting to the brand color. Published visual generated a great reaction and It was impressive that various people were discussing about Ms. Saori Yoshida’s new challenge. There were negative comments as well but most of the comments were showing respect towards her challenge and we felt the brand value, that wearing Date. bra is to “enjoy being yourself” was succesfully sent. For the coming AW, Ms.Saori Yoshida has challenged further more and the project “gap challenge” has started, which she challenge many things wearing synchronism bra. For this project, not only Ms.Yoshida but 5 models that has various back grounds joined too.

前年の成功(Wacoal Date. 18AW-19SS)を受け、さらに世の中で話題化させるためのプロモーション設計が行われ、“女を楽しむノンワイヤー”というDate.のタグラインに基づき、女性の美しさは姿かたちの美しさだけではなく、ポジティブに楽しんで人生を謳歌しているヒトは美しいし、そんな人を応援したい。というブランドからのメッセージを発信。

キャスティングには吉田沙保里さんがアサインされた。
周知の事実であるが、吉田沙保里さんは、現役引退後、指導者やパーソナリティ、タレントなど様々な分野に幅広くチャレンジされ、ご自身の可能性を広げている方。
そのポジティブな姿は、まさにDate.が掲げる“女を楽しむ”に重なっていた。そんな吉田沙保里さんがモデルに挑戦する。このこと自体が大きなニュースだが、せっかくであればそんな彼女の新たな挑戦を最高の形で切り取りたい。なにより彼女自身が心から楽しんで新しいことに挑戦している姿を提示することがブランドからのメッセージになると思った。
撮影は各内外で活躍されている下村一喜さんにお願いした。事前にブランドの考え方をお伝えしたうえで、撮影に臨んでいただいた。
公開されたヴィジュアルは反響を呼び、SNS上では吉田沙保里さんの挑戦に対し、様々が人たちが議論を交わしていたことが印象的であった。ただそこには吉田沙保里さんの挑戦に対してリスペクトの意を表してくださる方が大勢おり、Date.がズレにくいノンワイヤーであることとともに、着用することで“女を楽しむ”ことができるというブランドなんだという価値を伝えることができたと実感した。
続くAWは、吉田沙保里さんの挑戦をさらに拡張し、シンクロブラを着用して色々なことにチャレンジする企画「ズレチャレ」がスタート。この企画にあわせ、吉田沙保里さんだけではなく、様々なバックグッラウンドを持つ5人のモデルのみなさんを撮影した。

team

creative direction, planning: koki watanabe, Tokyu Agency TOMO
planning, copywriting:keisuke kamiya, Tokyu Agency TOMO
account planning: kaori machino, Tokyu Agency TOMO
account direction: kazuya doi, satoshi hayakawa, Tokyu Agency

art direction: yoshio nakada, terminal Inc.
design: marie endo, terminal Inc.
produce: teppei iizuka, yasuko isochi, terminal Inc.

photography:kazuyoshi shimomura, UM
hair:yuko takanashi
make up:yuka washizu, Beauty direction
styling:hiroko sogawa, THIS
retouch:rika imai, fight club Inc.
casting:juri masuya, DELPHI

model:saori yoshida, kanako kudou

executions