terminal

projects

MIYASHITA PARK concept movie

overview

We made concept movie for MIYASHITA PARK. Miyashita park was a famous place as a cultural base of Shibuya in the 90s, and as a part of the redevelopment of Shibuya City it was renewed as “MIYASHITA PARK” a emporium composed by park x shopping mall x hotel in 2020. The big theme of the city redevelopment is “diversity & inclution” and movie is expressing the MIYASHITA PARK as the symbol for this theme.

MIYASHITA PARKのコンセプトムービーを制作しました。90年代まで渋谷の文化発信拠点として存在した宮下公園は、渋谷区の再開発によって、2020年に公園×商業施設×ホテルが一体となった「MIYASHITA PARK」に生まれ変わりました。再開発の大きなテーマである「ダイバーシティ&インクルージョン」を象徴したMIYASHITA PARKを表現できるような映像です。

goal

- concept making
- shoot management
- animation design

- コンセプト開発
- 動画制作マネジメント
- アニメーションデザイン

idea

MIYASHITA PARK is a shopping mall where Balenciaga and McDonald’s neighbors. Surprisingly, high brand and fast fashion is existing under a same roof. What’s more, all shops are so unique, the passage to the meiji street is bustling as drinking area, and the park area on the rooftop is open for skateboarding and bouldering. All of these are well balanced and composed in a building. We normaly can’t notice but apparently this sence of balance is the speciality of this building. Maybe because all of us visit for our own one reason and don’t have chance to see the whole view. From these backgrounds, this movie is made to define the existance of MIYASHITA PARK. Differing to the other shopping malls, MIYASHITA PARK divide the area not by targets but by interests. So they don’t count on “what the shops are for” rather they focus on “satisfying someone’s interests”. So if interested, anyone can come. The point is that you know what interests you. And MIYASHITA PARK is here to satisfy your interests by gathering many amusements. So these thoughts are the concept of this movie, named “diversity & inclution”. In the movie, we can see the various people passing by enjoying in their own way. The different kind of people, different way of enjoying, and different time they spend in MIYASHITA PARK, we connected these scenes seamlessly by using animation in the connecting part and making the transition smooth.

MIYASHITA PARKは、バレンシアガとマックが同居する商業施設です。ハイブランドとファストフードが同じ屋根の下にいます(驚)。さらに、ひとくせもふたくせもある店舗がひしめいていたり、渋谷駅から明治通りへと抜ける路地には横丁が形成されていたり、最上階には宮下公園があってスケボーもボルダリングもできる。そしてそれらは、なんとも絶妙なバランスで成り立っています。
この特徴ともいうべきバランス感覚は、意外とみんな実感してなかったりする。訪れる人々は、個々の目的がありそこへ行くから、全体感でとらえることがないからかもしれません。

今回の映像は、そんなMIYASHITA PARKを改めて定義するものです。MIYASHITA PARKは、その他の大型商業施設とは大きく異なり、ターゲットでセグメントするのではなく、嗜好でセグメントしています。つまり、「誰向け」ではなく、「何が好きか」。だからどんな人でもいい。自分の好きがあることが重要です。そして誰かの好きを満たせるものが、MIYASHITA PARKには豊富に用意されています。
そんなダイバーシティとインクルージョンの肯定が、映像のコンセプトです。

映像の作りはMIYASHITA PARKという空間を、いろいろな人々がそれぞれの楽しみ方で通り過ぎていきます。その姿をシームレスにつなげました。
また特徴の異なる人々、楽しみ方、過ごす時間をつなぐ役割としてアニメーションを用い、カットとカットのトランジションをスムーズにしています。

team

planner : kiyoshi ishii / mizuki abe , terminal Inc.
art director : marie endo , terminal Inc.
designer : yuki shikaze , terminal Inc.
producer : teppei iizuka , terminal Inc.
assistant producer : sayaka yamato , terminal Inc.
movie director / cinematographer : yuhei hamada
assistant cinematographer : nobuaki ishimaru

executions